消化酵素についてのお話

消化酵素。
一体何なのでしょうか?
この名前から想像すると、消化に関係がある酵素ということでしょう。
こういうときは漢字って便利ですよね。
漢字が持っている意味から、だいたいの内容がイメージすることができますから。
実際にこのイメージが正しいのかどうか、実際にちょこっと調べてみました。
wikipediaによると、消化酵素は、「消化に使われる酵素」とのこと。
おおっ!大正解です!笑
というか、これだけだと具体的な内容がわかりませんね(笑)
もうちょっと踏み込んでみることにします。
どうやら、消化酵素にもいくつか種類があるようです。
炭水化物、たんぱく質、脂肪は3大栄養素と呼ばれていますが、これらそれぞれの分解を助ける酵素が存在するというわけですね。
私の記憶では、酵素というのはあくまでも触媒とのことなので、「分解を促進する」くらいのイメージが正しいのではないかと思います。
中学校や高校の授業で使った触媒たちのことを思い出すと、彼らは反応をしやすくするために使われていましたから。
酵素の中の消化酵素。
さらに消化酵素にはたくさんの種類があるというわけですね。
これはなかなか、奥の深い世界だということがわかってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>